日曜診療・往診・訪問診療

訪問診療

訪問診療

高齢や病気で足腰が弱くなり、通院できなくなった。

寝たきりとなり、通院できなくなった。

認知症が高度で、通院させるのが大変。

がんの治療を病院で済ませ、あとは自宅でのんびり療養したい。

 

どこか定期的に往診してくれる所はないかしら?

⇒そんな時は、当院にお気軽にご相談下さい。

症例に合わせ、月に2~4回の定期的な訪問診療をいたします。

 

がん末期で除痛が必要な方、在宅酸素をしている方、胃ろうや尿道カテーテルの入っている方、在宅での点滴が必要な方など特殊な在宅医療もお引受け可能です。

 

当院は在宅療養支援診療所の届け出をしています。安心して在宅医療を受けられるよう、24時間、医師と連絡が取れる体制を敷いています。

 

訪問診療料・往診料の概算

1.月2回の訪問診療の場合(1割負担の方)

在宅時医学総合管理料(処方箋あり)・・・4,200点

在宅患者訪問診療科        ・・・830点×2回

⇒この月の負担金は5,860円になります。

 

※採血、点滴注射などを行った場合は別途料金がかかります。

・在宅酸素療法指導管理料・・・7,380点×1回=7,380円

(濃縮装置・携帯用ボンベ加算)

・訪問看護指示料    ・・・300点×1回=300円

・診療情報提供料    ・・・250点×1回=250円

(在宅リハビリ指示用)

・診療情報提供料    ・・・250点×1回=250円

(訪問薬剤管理指導用)

・採血、判断料     ・・・約500~1,000円程度

(項目によって料金は変わります)

 

2.上記の方を深夜(午後10時~午前6時)に、体調不良で臨時往診した場合

再診料   ・・・71点

深夜加算  ・・・420点

外来管理加算・・・57点

往診(深夜)・・・2,950点

⇒この時の深夜1回あたり往診負担金は3,498円になります。

 

自己負担限度額(70歳以上の方)

現役並み所得者・・・44,000円

一般     ・・・12,000円

低所得者   ・・・8,000円

 

居宅療養管理指導費

介護保険認定をお持ちの方は、訪問診療費(医療保険)以外に、別途1回290~500円(居宅療養管理指導費)がかかります。医師が介護サービスを利用する上での留意点や介護方法について指導・アドバイスをし、担当のケアマネージャーと連携のとれる体制となります。

PDFファイルをご覧頂けない方へ

バナーよりAdobe Reader(無料)のダウンロードページに進めます。 get_adobe_reader

カウンター(since2008)

  • 229290累計訪問数:
  • 24今日の訪問数:
  • 103昨日の訪問数:
日曜診療・臨時休診などは随時お知らせに掲載しております。 事前にご確認の上来院ください。 往診・訪問診療も行っております。 後気軽にご相談ください。
PAGETOP
Copyright © ちだ内科・外科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.