日曜診療・往診・訪問診療

禁煙外来

禁煙外来

当クリニックでは、『禁煙外来』を開設しております。

2008年4月より禁煙治療が保険適応されることになりました。これは喫煙を単なる週間や嗜好と考えるのではなくニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。

治療は一定条件を満たした喫煙患者なら、どなたでも受けることが出来ます。医師の診察、保健師の指導、経口禁煙補助薬、ニコチンパッチの処方などに保険が適応されます。

なかなかタバコをやめられずに悩んでいる方は、ぜひ当クリニックへお越しください。

 

治療内容

【初回】

1.問診

a.喫煙状況の問診

b.禁煙準備に関する問診

c.ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)の実施

d.禁煙に伴う症状や身体所見の問診

 

2.禁煙治療のための条件の確認

a.直ちに禁煙しようと考えていること

b.TDSによりニコチン依存症と診断(TDSが5点以上)

c.ブリンクマン指数が200以上であること

 ※ブリンクマン指数=(1日あたりの平均喫煙本数)×(喫煙していた年数)

d.禁煙治療を受けることを文書により同意すること

 

3.診察

 

4.呼気一酸化炭素濃度の測定

 

5.禁煙補助薬の処方

 

【2回目~5回目】

a.禁煙状況の問診

b.必要時、呼気一酸化炭素濃度の測定

c.(保健指導・・・禁煙にあたっての問題点の把握とアドバイス)

d.次回の受診予約

 

 

 

 

 

 

 

禁煙補助薬の飲み薬(チャンピックス)を用いる場合は、2009年4月末日までは1回14日分までと処方が制限されておりますので、上記の他、初回から6週間後、10週間後にも、受診していただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2009年4月末までの料金です。

 

以下のサイトで健康保険で受ける禁煙治療をシュミレートできます。

→ ファイザー株式会社

 

経口禁煙補助薬

禁煙外来での治療の選択肢が広がりました。

 

これまでは、禁煙補助薬としてニコチンパッチを使用することがほとんどでしたが、これに代わる新たな禁煙治療経口補助薬 チャンピックスが登場しました。

 

チャンピックスの特長

1.新しい作用機序に基づく、日本で始めてのニコチンを含まない経口禁煙補助薬です。

●チャンピックスはニコチン受容体の部分作動薬であり、2つの作用が禁煙効果を高めます。

●タバコを吸うことで、タバコの中のニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン受容体に結合します。そのことで神経細胞の端末よりドパミンが放出され満足感などの快感が得られます。

 

 

 

 

 

 

2.優れた禁煙率を示します

 

 

 

 

 

 

 

チャンピックスを内服することで、タバコを吸ってもニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン受容体に結合するのを妨げ、喫煙による満足感を抑制します(拮抗作用)。

●チャンピックスの使用により、65.4%の喫煙者が禁煙治療に成功しました。作用が禁煙効果を高めます。

 

3.喫煙により得られる満足感を抑制します

 

チャンピックスは、喫煙から得られる満足感や精神的な充足感、爽快感などを優位に抑制しました。

PDFファイルをご覧頂けない方へ

バナーよりAdobe Reader(無料)のダウンロードページに進めます。 get_adobe_reader

カウンター(since2008)

  • 229290累計訪問数:
  • 24今日の訪問数:
  • 103昨日の訪問数:
日曜診療・臨時休診などは随時お知らせに掲載しております。 事前にご確認の上来院ください。 往診・訪問診療も行っております。 後気軽にご相談ください。
PAGETOP
Copyright © ちだ内科・外科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.