盛岡市の日曜診療・往診・訪問診療

内科・消化器科

  • HOME »
  • 内科・消化器科

内科・消化器科

・風邪や腹痛などの診断と治療
・消化器疾患(胃や大腸をはじめとする内臓疾患)の診断と治療
・脂質(コレステロールや中性脂肪)代謝異常症の診断と治療
・糖尿病の診断と治療
・甲状腺機能障害(バセドウ病や橋本病)の診断と治療

予防接種の料金はこちら

当院でインフルエンザ予防接種をご希望の方へ(お願い)

待ち時間短縮のため、お手数ですが、インフルエンザ予診票[こちらをクリック]を印刷し、予めご自宅でご記入し、体温を測ってご来院くださいますようご協力下さい。
ただし、幼児や高齢者の方で各市町村の助成を受けられる方は、専用の問診票がございますので窓口までお申しで下さい。


Adobe AcrobatPDFファイルをご覧頂くためにはAdobe Reader(無料)が必要となります。Adobe Readerがご使用のパソコンにインストールされていない場合にはAdobe社ホームページよりAdobe Readerをダウンロードしてインストールを行なって下さい。バナーよりAdobe Readerのダウンロードページに進めます。


胃カメラ・腹部超音波検査

・上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、腹部超音波検査は、朝食を抜いてこられた場合には当日でも施行出来ます。
・超音波検査は、午後からでも施行可能です。午後から超音波検査を受ける場合には、昼食は食べずに受診してください。

胃カメラの設備

内視鏡検査
鎮静剤を注射して無意識のうちに行うことが可能です(無痛内視鏡)。
当院では、2種類の上部内視鏡(胃カメラ)を導入しています。

当院では経鼻胃内視鏡を採用しております。
経鼻内視鏡は、経口内視鏡に比べてスコープが舌根部に触れないため嘔吐反射が少なく、経鼻内視鏡の直径は5-6mmと通常の経口内視鏡の約半分であるため、挿入もあまり気になりません。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。
富士フィルムメディカル株式会社 鼻から.jp
http://www.hanakara.jp/index.html

よくあるご質問

Q.経鼻胃内視鏡と従来の口からの胃内視鏡検査で、料金の差はありますか?

いいえ、全くありません。3割負担の再診の患者さんで、病理組織検査(悪性細胞が無いか調べる検査)がない場合は、約4000円~5000円です。病気の早期発見のためにも、年に1回の検査をお勧めいたします。特に、今まで反射が強く内視鏡検査が大変だった方や検診目的の方には経鼻胃内視鏡検査がお勧めです。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-604-3755

PAGETOP
Copyright © ちだ内科・外科クリニック All Rights Reserved.